ラジサマリー

芸能人のラジオ・テレビ番組での発言まとめサイト

赤江珠緒、南キャン・山里亮太の深いパーソナルな部分についてのトークまとめ

   

フリーキャスターの赤江珠緒さんが、『たまむすび』パートナーである南海キャンディーズ・山里亮太の深いパーソナルな部分について語ったトークをまとめてみました。

驚くほどの邪気と、無邪気の両立

赤江珠緒:山ちゃんは、『たまむすび』の私のパートナーの中で、唯一年下でしたので、「年下には、何を言っても良い」と思っている体育会系の私としては、全く気を遣わずに済みました。本当に気を遣いませんでした。

火曜日、大体先にスタジオ入りしている山ちゃんが、スタッフと談笑していて、「何?何の悪口?」と、私が訊くところから、毎週始まっていたように思います。

実際、山ちゃんから出社早々、「赤江さん、2つ悪口あるけど聞く?」と言われることも、よくありました。

そんな時の話は、一切オンエアで使えない、無駄なものでした。

また、山里さんは悪口以外にも、色んなことを報告してくれて、「赤江さん、知ってた?このチョコレート、50kcalもあるよ」とか、「タイガーナッツは、水に1日さらして食べると、サクサクだよ」とか。

山里亮太:OLかよ、俺。

赤江珠緒:「サカムケアって、物凄く効くよね」とか、よく分からない報告もあったように思います。

山里亮太:良い報告でしょ。

赤江珠緒:驚くほどの邪気と、無邪気の両立。母・文代さんが溺愛するのも、ちょっと分かる気がします。実際、山里家のご家族には、大変お世話になりました。

山里亮太:良い報告でしょ?

赤江珠緒:文代さんには、スタジオにお越しいただいたりもして、「この子にして、この親あり」を、生で実感させていただきました。仲良し山里家のオモシロ話も、たくさん聞かせていただき、忘れられません。「積もる話もあるからな」と入った、父と二人の露天風呂、意外と話がないことが判明。

山里亮太:はっはっはっ(笑)

赤江珠緒:出張先でも、帰る時間帯を見計らって、親戚タクシーがスタンバイなどなど、世間と身内の愛情のバランスが極端で、また、見事にバランスがとれていることにも驚かされました。

そして、スタジオでベラベラ喋っているのに、『たまむすび』パートナーが揃うと、意外にもモジモジしていたとか。

山里亮太:それ、やめてよ。

赤江珠緒:人見知りのわりに、知らない旅先の人と仲良く飲むとか、山里さんの妙なバランス感覚は、相変わらずユニークですが、少し前にニュースになった外国人狙いのニセ僧侶に騙されて、キラキラしているお札をもらったと言っていた時は、本気で心配しました。

あとここ数年、時々言い出す「俺も恋をしたいね」と、寅さん風に語るのも気になります。しかし毎週、私のやらかしに対して、1つも外さないツッコミで応じていただいて、ありがとうございました。

山里さんのご多幸をお祈りしております。

山里亮太:ありがとうございます。

赤江珠緒:いや、いや、いや。

山里亮太:そんなもう。

赤江珠緒:もう本当にね、そうでしたね。

赤江珠緒、『たまむすび』卒業にあたって山里亮太に答辞「私のやらかしに対して、1つも外さないツッコミで応じて頂いて」 | 世界は数字で出来ている

溺愛する両親について

山里亮太:改めてニュースになって、「俺、そうなんだ」って気付いたんだけど、「俺って、過保護なのかな?」って。

赤江珠緒:ああ。

山里亮太:「山里亮太の過保護ぶりに共演者あ然」っていうような。

赤江珠緒:山ちゃんの親御さんが、山ちゃんに対してでしょ?

山里亮太:そうですよ。

赤江珠緒:そりゃもう、間違いないでしょ。

山里亮太:間違いない?

赤江珠緒:ええ。溺愛だもの。親御さんが、山ちゃんを。だってね、それはでも、しょうがないと思うのよ。山里さんへの世の中の人の愛情が、全部、親御さんに集まってるから。

山里亮太:はい。

赤江珠緒:他の人は、誰も山ちゃんに愛情注いでないんだから、これでプラマイゼロじゃない。いいのよ、それで。

山里亮太:そうなの?他の人は、もっと分散してんの?

赤江珠緒:ふふ(笑)ええ、他の人は、もっと分散されてるんだけど。

山里亮太:分散して、じゃあ。

赤江珠緒:はっはっはっ(笑)お父様、お母様にたまたま集中してしまったってだけじゃない。

山里亮太:ちょっと、父ちゃん、母ちゃん独占しちゃったのね。

赤江珠緒:そう、そう。

山里亮太:もっと、愛バラ撒いてくれないと。

赤江珠緒:そう、そう(笑)

山里亮太:ああ、そういうこと?

赤江珠緒:そういうことよ。そういうことの過保護だから、山里さん。

赤江珠緒、山里亮太の両親が異常に過保護なことに痛烈な皮肉「他の人は誰も、山ちゃんに愛情注いでないんだから」

赤江珠緒が語る、山里亮太のモテない理由

杉山真也:赤江さんから見た、山里さんのモテない要素はどこに感じるんですか?

赤江珠緒:山ちゃんのモテない要素か…やっぱりなんだかんだ言って、甘えん坊でしょ?

ジェーン・スー:うん、っぽい感じはありますね。

赤江珠緒:そう。で、お母さんの文代さんが、本当にできる人だから。

ジェーン・スー:うん。

赤江珠緒:あの文代さんにやってもらってることとか、お父さんにやってもらってることを、彼女とか、奥さんとか。

ジェーン・スー:うん。

赤江珠緒:そっちに求められたら、ハードル高くないですか?

ジェーン・スー:まぁね、たしかに。お母さんと同じことしてくれって思っちゃうかな。

赤江珠緒:思っちゃうんじゃない?それとは別だって山ちゃんが思うタイプだったらいいんだけど、その辺がね、線引きできてない気がするんだよなぁ。

ジェーン・スー:あらぁ、そこはそう思う?赤江さんの奥さん、そう思う?

赤江珠緒:私はそう思うのよ(笑)

赤江珠緒、山里亮太がモテない理由は「お母さんが本当にできる人」だからと指摘「同じことを求めてしまう」

まともな食事が摂れず「仙人化」した山里

赤江珠緒:(胃炎、虫垂炎で)食欲がなくなると、山ちゃん曰くね、「見事に生きる力が弱る」と。

ジェーン・スー:ああ。

赤江珠緒:で、「性欲も比例して弱る」と。

ジェーン・スー:何の話してんの?(笑)

赤江珠緒:ふふ(笑)そうするとね、ガツガツしてるオーラみたいなのが、一切出なくなってて。

ジェーン・スー:あ、それがね。

赤江珠緒:ここ何週間かの山里さん、以前の普段の時の山里さんのドロドロしたものを出して登場する、「おはよう」と言いながらも、色んなものを。情念とかも出して登場する山里さんと違って、サラッサラだったの。

ジェーン・スー:精進料理みたいな。

赤江珠緒:そう、そう。仙人とはこのこと、みたいな。

ジェーン・スー:ああ。

赤江珠緒:爽やか~に。

ジェーン・スー:欲っていうのは、食とくっついてるんですね。

赤江珠緒:くっついてますね。生命力っていうのはね、色んな欲と絡み合って生きていかないとダメなんだなって(笑)

ジェーン・スー:なんか言ってるようで、何も言ってないじゃん(笑)逃さないよ、そういうの(笑)

赤江珠緒:そうですか(笑)

赤江珠緒、山里亮太が胃炎でまともな食事が摂れず「生きる力、性欲が弱っていた」と明かす「仙人とはこのことみたいな」

復活してさっそくゴシップの話題

赤江珠緒:(手術後)おかえりなさい。

山里亮太:すみません、先週は。ご迷惑をおかけしました。

赤江珠緒:いえいえ、おかえりなさい。

山里亮太:ご迷惑をおかけしました。

赤江珠緒:見事に手術を終えられて。

山里亮太:はい、終えまして。

赤江珠緒:すっかりと、元の山里さんとして戻ってきてくれましたね。

山里亮太:ふふ(笑)いや、その…

赤江珠緒:ビックリしました。

山里亮太:僕の存在理由っていうか、僕って、ゴシップ言ってこそなの?(笑)

赤江珠緒:そうなのよ。もう来た途端、「ちょっと赤江さん、あのゴシップ知ってる?」って言い出した時の、あのキラーンとした山里さんの表情、「久しぶり」って思いましたもんね。

山里亮太:たしかに、一時期、こちらでもお話していただきましたけど、仙人のように?(笑)

赤江珠緒:そう。ちょっと、食欲も落ちて、全体的に弱ってる時ありましたから(笑)

山里亮太:はい、ありましたね。人への興味とかも全てがなく、すんとしてた時ね?(笑)

赤江珠緒:はい。そんな山里さんを数週間見てたもんですから、「うわ、帰ってきた、山ちゃん」って思いました。

山里亮太:ただいまです(笑)

赤江珠緒:よかったですよ(笑)

赤江珠緒、山里亮太が会うなりゴシップ情報を喋っていて体調不良からの完全復活を実感「帰ってきた、山ちゃん」

 - 山里亮太