ラジサマリー

芸能人のラジオ・テレビ番組での発言まとめサイト

神田松之丞、演芸評論家・矢野誠一に『慶安太平記』を酷評されて激怒した事の顛末まとめ

   

講談師・神田松之丞さんが、演芸評論家・矢野誠一の朝日新聞紙上に寄稿した評論をめぐり、激怒した事の顛末についてまとめてみました。

「ふざけるな、矢野誠一」と激怒

神田松之丞:私事ですが、1月の4日からですね、あうるすぽっとという場所で、慶安太平記という。全19席、5日連続公演をずーっとやってまして。

これはお客様にも、5日連続で来ていただいて、楽しんでいただくっていう、この凄い大成功に終わったんですけども。

初日、矢野誠一っていう評論家が来てまして。で、こいつ初日しか来てないくせに、朝日新聞に酷評の記事を書くっていう(笑)ふざけるな、矢野誠一。

…そもそも、矢野誠一をみんな知らないから、この話食いつき悪いのよ。でも俺はね、そなんで矢野誠一に対して怒っているかというと、これも難しくってね。怒りって、笑いにまぶさないと伝わらないのよ。

だから俺、本当に矢野誠一が言論の場で来たから、俺も言論で返していかなきゃいけないんだけど、それ、俺は笑いにまぶせてっていうの、1個あるから矢野誠一より不利なのよ。ふざけがって。

神田松之丞、評論家・矢野誠一に講談を酷評され激怒「ふざけるな、矢野誠一」

講談の専門家ではない矢野誠一氏

神田松之丞:(矢野誠一の神田松之丞の講談に対する評論が)最近の朝日新聞に出たんですけど。

まず、「ここ50年ほど講談見てない」って言うのよ、要約するとね。「なぜなら、聴きたい講釈師がいなかったからだ」って、もう大分、無礼なわけ。で、矢野誠一さん自体は83で、落語の研究者って言うか。だから、講談を全く知らないのよ。

で、昔の、50年以上前に見てた、もうだからアップデートされてないわけだよ、矢野誠一さんがね。

で、この人自身は、なんで講談見なくなっちゃったかっていうと、俺の大師匠の2代目(神田)山陽っていうのがいるんですよ。芸筋で言うとおじいちゃんに当たるね。ウチの師匠も含めて、矢野誠一さんっていうのは、二代目山陽に対して、「口調が素人みたいだ」みたいなことを言ったんですよ、矢野誠一さんはね。

「素人口調め」みたいな。で、それは二代目山陽が非常に革新的で、色んな人に分かりやすいように、そういう風にしてたんだけど。だから、その当時からアップデートできてなかったんだけど、二代目を批判してるの。

で、その後にウチの師匠が若い頃に、矢野誠一がこれまた、やっぱり二代目の弟子だから小山陽、当時ウチの師匠、小山陽っつったんだけど。これはもうね、言っておきますけど、ウチの師匠ほどプロの口調ってないわけよ、商売人が見てて。

誰に言っても、ウチの師匠を素人口調なんて言う奴は、頭がおかしいわけ。つまり、矢野誠一は頭がおかしいわけですよ。それによって、講談界を基本的にアイツ、蹴られたわけよ。演者から、アイツダメだなって。

コイツ、それにも関わらず、ここ50年ほどご無沙汰だった、「聴きたい講釈師がいなかったから」だって、お前、弾かれてんだ、ボケと。

アイツ、今回『いだてん』で古今亭志ん生がNHKで取り上げられるから、志ん生見てた最後の世代だからフィーチャーされるよ。ふざけやがって、あんなクソ老いぼれに。

これ、裁判やったら負けるんじゃない?ここで。この「老いぼれ」とか言ってるから(笑)
神田松之丞、評論家・矢野誠一は的外れな評論で「講談界を蹴られた」人物だと指摘「演者から、アイツダメだな」

放送後、まさかの反響

神田松之丞:前回の矢野誠一の放送がさ、俺もうさぁ、どうせタイムライン荒れてんだろうなと思ったら、ビックリするぐらい好評だったでしょ。「矢野祭り」になってたでしょ。

ラジオリスナーとかって、ああいうシャレ分かるしさ、「言論は言論で」みたいな感じなんだけどさ。

多分、ラジオリスナーが多分引くのがさ、「#mj954」とかではない、松之丞検索で出てくる、あの演芸ファンの気持ち悪さに引いてるよね。

だから思った。まぁ、もちろん一部の演芸ファンですよ。ほとんど、99%以上ちゃんとしてますけど、やっぱ一部の演芸ファンの気持ち悪さって、やっぱ凄いなって思ったわ。ラジオリスナーを凌ぐよね。

で、そういう奴らがさ、何か書いてんだけどさ、「年上に失礼だ」っつってんのよ。ええ?「年上に失礼」ってもうさぁ、もう全部ぶっ壊してんじゃん、論理とか。ビックリしたよ、「年上に失礼」って発言。

いかにそいつらが頭悪いかって分かるよね。そういう、もろもろとかを含めてね、ああなんか本当に、「ああ、意外にラジオリスナーの方がまともなんだなぁ」って思っちゃったなぁ。

神田松之丞、評論家・矢野誠一への批判に一部の演芸ファンが「年上に失礼だ」と反応したことに驚く「いかに頭悪いかって分かる」

電話をかけて直接対決

神田松之丞:正直、前回の矢野誠一に関して言うとね、当然、僕目線で笑いに変えてるから、僕への賛同が多いわけ。

で、それはちょっと俺も矢野誠一さんに対して卑怯だなと思って。ちゃんと矢野さんの意見も、後で処理しなきゃいけないってことで、矢野さんに直接電話したんですよ。

そしたら、「もしもし、矢野です」って電話取ってさ。出るんだって思って。で、「実はこれこれこういうことで、5日連続の会なのに、初回しか来てないのはどういうことですか?」とか、あと、「基本的に50年以上見てない、聴いてない人が言うのはどういうもんですか?」って。

色んな、自分が凄くモヤモヤしていることを全部矢野さんにぶつけたら、矢野さんはまぁ、それ83ですから。全部聞いてくれて。「分かった、君と僕は考え方が違うけど、意見としては十分わかりました。受け止めます」っていうのを言ってくれて。

俺もさ、20分にわたってさ、矢野誠一本人に、矢野誠一の罵倒をずっとしてたわけ。あのラジオのテンションを、ちょっと抑えた感じで。俺、偉いなって思った、それは(笑)だから、言論の人って、ちゃんと言論で向き合うし、もうなあなあにしようとか一切思ってなくて。

俺は、矢野さんのことを今でもやっぱりよくないと思うけど、なんかそこら辺、電話かけられたら、ちゃんと電話で受け止めて、「分かった。君の意見は分かった」って言ってくれるっちゅうのは、やっぱ大人だなって。

そもそもさぁ、俺が勝手にラジオで言っちゃったから拡散しちゃってるけどさ、俺と矢野さんの問題じゃん、これ。なんかガタガタさ、「松之丞がいい」とか、「矢野さんがいい」なんて言われる筋合いないんだよ…じゃあ、ラジオで言うなよ(笑)

はっはっは(笑)「お前が広めたんじゃん」と思うけど。

神田松之丞、評論家・矢野誠一に直接電話をかけて「20分に渡って、本人に罵倒をずっとしてた」と明かす

 - 神田松之丞