ラジサマリー

芸能人のラジオ・テレビ番組での発言まとめサイト

「実はお笑い好き」な甲本ヒロト・真島昌利のエピソードトークまとめ

   

甲本ヒロト・真島昌利、伊集院光のラジオ番組リスナー

伊集院光:先週の放送明けて火曜、オンエアが水曜か。先週の火曜日、火曜日がさ、朝のラジオ終わって、その後、録音で水曜分の録音で。クロマニヨンズのゲスト録りって。

甲本ヒロト、マーシー(真島昌利)、2人組みが来てさ。それもオシッコ漏らすくらい嬉しいんだけどさ。そしたら、その中でさ、ヒロトさんが「ラジオ聴いてます」と。スゲェなって思ったのが、「この深夜のラジオも聴いてます」って。

「ホントっすか?」っていう感じの。社交辞令を言うような人じゃないのは分かってるけど、「ホントっすか?」っていう。

「知ってますよ、色々。毎年、お誕生日に、上海蟹を食べに行ったり」みたいな。本当に聴いてないと分かんないよってことも知ってて。

CM入るところ、トークブレイクしてる間も、「今年はどうすんの?」みたいな。「お誕生日、結婚記念日、上海蟹どうすんの?」って話をしてたりとか。

もっと言えば、マーシーさんが、「『俺の五つ星』で探して欲しいおにぎり屋さんがあるんだけど」って言い出したりとか。「そうなん?」みたいな。そんな嬉しいことないじゃん。そっちは朝の番組の方でやってることだけど。

伊集院光、甲本ヒロト・真島昌利に「ラジオ聴いてます」と言われて感激「そんな嬉しいことないじゃん」

落語好きな真島昌利

千原ジュニア:一回ね、僕、お酒を飲ませてもろうたことあるんですけど、元ブルーハーツ・クロマニヨンズのマーシー(真島昌利)さんと1回飲んだことがあって。

桂三度:飲んだことあんの?ヘぇ。

千原ジュニア:斉藤和義さんに呼ばれて行ったら、マーシーさんと、斉藤和義さんと蔦谷好位置さんがいて。

桂三度:へぇ。

千原ジュニア:結局、カラオケ行って。マーシーさんが、『アンダルシア』歌って。

桂三度:めっちゃエエやん。

千原ジュニア:斉藤和義さんが、THE HIGH-LOWSの『青春』とか。蔦谷さんが、『JOY』歌って。

桂三度:自分のね(笑)

千原ジュニア:うん。そんなことがあって。マーシーさん、めちゃくちゃ落語詳しいで。

桂三度:へぇ、そうなんや。

千原ジュニア:めちゃくちゃ詳しいで。もう、時間あったらすぐに寄席行ってはる。

桂三度:へぇ。めっちゃ目立つやん(笑)

千原ジュニア:ほんで、「今、あの人とあの人とあの人、凄い脂が乗ってて良いですよ」って。俺、全く知らん落語家さん知ってて。

桂三度:へぇ。

千原ジュニア:めちゃくちゃ詳しい。それで、落語会のトークショーに出たりしてて、それくらい落語が好きなんやて。

桂三度:へぇ、知らんかった。

千原ジュニア:やっぱり、言葉も好きなんやろね。そんなマーシーさんが作った、「わかったことが一つだけある バカは不幸が好きなんだ」っていう歌詞(THE HIGH-LOWS時代の『コインランドリー』)。

桂三度:うん、なるほど。

千原ジュニア:これは深いで。「自分不幸なん、バカなんだよ」っていうことやん。

桂三度:うん。

千原ジュニア:これを言い切るロックスター感。

桂三度:世界レベルでも言えますもんね。戦争している国とか。

千原ジュニア:そうやんな。

桂三度:言いねぇ。

千原ジュニア:「バカは不幸が好きなんだ」…これ、短い言葉でエエなぁ。

千原ジュニア、ザ・クロマニヨンズ真島昌利の書いた好きな歌詞「バカは不幸が好きなんだ」

南海キャンディーズのファンであるザ・クロマニヨンズ

山里亮太:(『Melodix』に)ザ・クロマニヨンズさんが来たの。凄いよね。俺、生まれて初めてさ、ついに甲本ヒロトさんとマーシーを見ることができて、初。

でね、一応、音楽に集中するためにもMCとの絡みって、アーティストさんって、「曲紹介だけ」っていうのもあるから。今回、曲紹介だけで、絡むことはなかったの。で、別録りだったのね、曲紹介。

「それでは、クロマニヨンズさんです」って。でも、ご挨拶行きたいじゃない。で、ちょうど歌録りしててね。歌、撮っててさ。目の前でさ、もうあのまんまよ。あの感じで甲本ヒロトが歌ってたわけ。

もう、「う~わ!」ってなって。超カッケー。セットも、ちょうど後ろにデッカイ光がバーってなって、もう後光、射してる感じで。すげぇ、甲本ヒロトすげぇ、マーシーもいるしさ。

終わったら、出口のところで。ちょうど、その確認用のモニターのところにいたのね。で、そこにバーッて来るわけ。そしたら、プロデューサーの人がね、促しくれて。

「あ、すみません。MCの南海キャンディーズです」って言ったら、来てくれたわけ、ザ・クロマニヨンズの皆さんが。バーッて来て、「本日はありがとうございます。お会いできて光栄です。私達、南海キャンディーズというコンビでやってまして、山里です「しずです」って言ったら、ヒロトさんが「ああ、どうも」って頭下げて。

「知ってますよ」って。「お二人は絶対知らないと思うんですけど、僕らはお二人が好きで、一回生で観に行ってるんですよ。いつ何の時かは言わないですけどね」って言ってくれたの、ヒロトさんが。

その時に、俺としずちゃんどうなったかって言うと、ニ人とも泣いちゃったの。俺もさ、普通にツーッて涙出て。「ええ?!ありがとうございます!」「あ、こちらこそ。素敵な場所で歌わせてくれてありがとうね」って、モニターチェックしに行ったのよ。

で、しかもね、リハーサルとかもあって。で、カッコイイのはスタッフさんに「何回も付き合ってくれてありがとうございます。すみません」みたいなの言ってさ、曲始まったりすんのよ。痺れたわ、本当に。泣いちゃってんの。

山里亮太、甲本ヒロトの言葉にしずちゃんとコンビ揃って泣いてしまったと告白「僕らはお二人が好きで」

 - 未分類